弁護士

安田 耕平やすだ こうへい

東京弁護士会所属 

弁護士

安田 耕平やすだ こうへい

東京弁護士会所属 

稲葉セントラル法律事務所の安田です。依頼者目線に立ち、どんなことでも親身になってお伺いします。

学生時代から培われた『粘り強さ』

小学6年生の時に始めたサッカーが、私の粘り強さの原点です。もともと、苦手なことは克服したいという負けず嫌いな性格だったため、当時一番苦手だったサッカーを始め、それから高校卒業まではずっとサッカー部に所属していました。

中学時代には東京都の大会でベスト32の成績を残すことができ、自身のサッカーに対するモチベーション向上につながったと思っています。

高校時代はサッカー部員が100名以上いる中でいかに試合に出るかを常に考えながら練習に明け暮れ、3年生の時ついにレギュラーを奪取しました。「試合に出たい、勝ちたい」という気持ちは人一倍で、目標に向かって粘り強く取り組む姿勢は当時から変わっていません。

試合の成績としては正直なところそこまで勝ち進むことはできなかったのですが、自分なりにサッカーと粘り強く真摯に向き合ってこられたことは今でも自信につながっています。

クライアントの視野を広げるお手伝いを

私が通っていた大学には法学部がありませんでしたが、たまたま「国際人権法」のゼミに所属したことをきっかけに、法律に興味を持つようになりました。

大学では、国連憲章の解釈についての論文を書くなど、ダイナミックな分野の勉強をしていましたが、当時出会った友人や知人との関わり合いから、制度や枠組みの話ではなく、「目の前にいる人の力になるような仕事をしたい」と考えたことをきっかけに、弁護士を志すようになりました。

当時感じた、具体的な課題や問題に対して真正面から取り組みたいという気持ちが、今の自分にとっても大きな原動力となっています。

勉強があまり得意ではなかった自分は、生活をルーティン化して勉強時間を確保するところからスタート。

朝起きたら30分以内に家を出る、帰ったら1時間以内に布団に入る、携帯電話は勉強の妨げになるので学校には持っていかないなど自分なりのルールを決めて、ストイックに勉強に取り組みました。

大学院から本格的に法律の勉強を始めたこともあり、わからないことだらけで大変なことも多かったですが、自分の弱みを自覚し、それを改善するためにはどうしたらいいかを常に考える姿勢は、この時に身についたと思っています。

傾聴できる弁護士でありたい

弁護士として、まずはクライアントとの信頼関係を築くことを一番に考えて行動しています。「話しやすくて親しみやすい弁護士」をモットーに、対話の中から問題の本質を見抜き、クライアントが本当に納得できる結果に導けるよう尽力していきたいと思います。

経歴・プロフィール

出身地

  • 長野県岡谷市 生まれ
  • 東京都(多摩市)育ち

学歴(略歴)

  • 都立狛江高校 卒業
  • 横浜市立大学国際総合科学部 卒業
  • 上智大学法科大学院 卒業

所属委員会

  • 法教育委員会

好きなこと

  • サッカー(最近はもっぱら海外でプレーする日本人選手の試合結果を追いかけるのみです)
  • 食べること(お酒は飲めないのですがその分たくさん食べます!)

取扱分野

当所では、大田区の方々を中心にご利用いただいており、幅広いニーズに対応しております。

個人のお客様 ・民事全般
・刑事

当事務所の所属弁護士

弁護士紹介一覧へ戻る