弁護士

内田 貴史うちだ たかし

東京弁護士会所属 

弁護士

内田 貴史うちだ たかし

東京弁護士会所属 

稲葉セントラル法律事務所の所属弁護士/内田貴史(うちだ たかし)です。目の前の困っている人を助けたいと思い、2019年10月から当事務所に入りました。

目標に向かってとにかく突き進む

私が弁護士を目指したのは高校3年の野球部を引退した夏。テレビドラマの「HERO」を見て、弁護士の仕事に興味を持ちました。
当時、野球部を引退してからは目標を見つけることができず、進路について悩んでいました。大学教員の父から「高校までは、基礎知識を身に付け、大学は専門的なことを学ぶ場。大学には目的意識を持って入りなさい」と言われていたこともあり、「弁護士を目指して大学に入り、学びを深めたい」と思うようになりました。弁護士になるのは簡単ではないからこそ、目指したいと思いました。
私は目標があれば突き進んでしまうようです。弁護士と決めた瞬間からスイッチが入り、司法試験に合格するまで猛勉強しました。

高校までは野球に夢中でした。中学時代は地域の強豪チームに所属していました。チーム内の競争も激しく、スタメンに入るのは難しいかなと思っていましたが、自主的に素振りやランニングをするなど努力を重ねることで、3年の春からレギュラーを勝ち取ることができました。
高校は、部員が100人いるチームでしたが、中学時代のトレーニングの甲斐もあって持久力には自信を持って取り組むことができました。しかし、怪我も多く、納得のいく結果を残すことができませんでした。

頑張って続けた野球です。怪我をしたことをとても悔やみました。なぜその時、治療に専念しなかったのか。この後悔が、今に生きています。今大切なことは何か、今優先すべきことは何かを決める際、その先の将来のことを大切に考えてものごとを選択するようになりました。

自分を信じて続けた努力

甲子園出場校として有名な済美高校の校歌のフレーズ「やればできるが魔法の合言葉」が好きで、「やればできる」が私のモットーになりました。野球も勉強もそうでしたが、上手くいかなくなったとき、軌道修正する作業や、進んでいるかわからない時がとても辛いのですが、「やればできる」と信じ、前に進み続けることができました。

司法試験に向けて理解と暗記を徹底しました。まずは全体像を理解し、細かいところを暗記する。試験に出うる可能性のあるところはとにかく全部覚える。私は小中高と塾に行ったことがなかったので、勉強法を教えてもらったことがありません。自分で勉強法を模索し、見つけたのは理解と暗記でした。

おかげで弁護士になった今でも司法試験のために勉強したことはしっかりと覚えています。実務と司法試験の知識は違いますが、試験勉強として準備をしてきたことは全てが今の自分の力になっています。

しっかりと準備をして依頼者様と向き合いたい

弁護士になった今も、勉強は続いています。手がけている仕事に関することはもちろん、仕事以外の分野も常に勉強しています。同じような案件でも依頼者様の状況は様々なので、常に視野を広く持って準備する必要があります。
どんなに勉強しても弁護士として仕事をする上で、必要な知識・情報が十分だということはありません。常に勉強し、一つでも多くのことを知り、依頼者様のお力になりたいと思っています。

色々な人と会話をする仕事。会話力は、色々な人と触れ合うこと身に付く力だと思っています。弁護士になったことで、様々な専門分野で活躍する友人もできましたし、地元に帰ればお寿司屋さんを営む同級生がいるなど、地域で活躍している友人もいる。色々なフィールドで活躍する友人たちのおかげで、会話力を磨くことができていると思います。

また、私は野球で常にレギュラー選手ではなかったので、来たチャンスで結果を出すという場面を多く経験してきました。ですから、チャンスが来た時に結果を出す自信はあります。そのために常に準備を積み重ねています。

気軽に会話をしにきてほしい

依頼者様の多くはとても緊張していらっしゃいますので、安心して会話をしていただけるための雰囲気作りを心掛けています。困ったことがありましたら、まずはお話をしにいらして下さい。

皆様が抱える課題を解決する為のアドバイザーとして、まずは皆様の声に耳を傾けることが、私たちの仕事です。そしてベストアンサーを導き出し、課題を解決いたします。お気軽に「内田」へお声がけ下さい。

経歴・プロフィール

出身地

  • 東京都(墨田区)出身

学歴(略歴)

  • 東海大学法学部法律学科中退(飛び入学)
  • 中央大学法科大学院卒業

所属委員会

  • 被害者支援委員会
  • 新進会員活動委員会

好きなこと

  • 野球(東京ローヤーズ所属。得意なポジションはセカンドです。)
  • 釣り(海釣り。魚を捌くのが得意です。)

好きな食べ物

  • 魚介類

影響を受けたドラマ

  • HERO

取扱分野

当所では、大田区の方々を中心にご利用いただいており、幅広いニーズに対応しております。

個人のお客様 ・民事全般
・刑事

活動実績

  • 中央大学法科大学院 実務家講師(1年生を担当)

当事務所の所属弁護士

弁護士紹介一覧へ戻る